インプラント治療

インプラント治療の料金 インプラントとは

インプラントは歯を失ってしまった場所に、自分の歯の代わりに埋め込む人工物で、被せ物などとは違い、人工的に作った根の部分を骨に埋め込む治療法です。 人工歯根とも言われ、その大きな特徴は「根がある」という事です。
この根を持つ治療法は、歯の無い所に施す色々な種類の治療法の中で唯一インプラントだけです。
根を持つということは、60㎏以上ある咬む力を支えるのに大きな役割を果たします。地面にしっかりと根の張った木と、鉢植えの木。どちらがぐらぐらしないかを考えていただければ、根っこの重要性を御理解いただけるかと思います。
根っこが骨に埋まっているインプラントと、歯茎の上に乗っているだけの入れ歯とでは土台が違うので、インプラントの方がより強く支えられるのです。

骨に埋め込まれる根の役割を果たす部分の材質は「チタン」という金属で出来ています。
チタンは骨と結合しやすいというのが最大の特徴です。骨は生きている組織なので、骨折をした場合などに欠けている部分などを再生しようと成長します。しかし、異物があると、骨はそれを排除しようとするのが通常です。ですがチタンというのは分子レベルで骨とよく似た部分があるのです。なので再生するときに骨が異物だと思わず、一緒に取り込んでくっついてくれるのです。
こうして歯とチタンがしっかりとくっつくことで、しっかりと人工的に埋め込んだ歯でも強い力を支えることが出来るのです。

インプラントは根を持つことで強い咬む力にも対応できます。咬み心地や見た目が天然の歯に近いこと、
入れ歯やブリッジ等と違い健康な歯を削ったりすることもなく残っている歯を傷めないこと、違和感も全くないことがインプラントの効果です。

インプラントのメリット

インプラントのメリット

「お口の健康は万病の予防」とも言われています。全身の健康維持を達成するにはお口の健康が最も重要です。
言いかえれば「食の健康」をも意味し、何でもしっかりとよく噛んで食事をすることで、大切な栄養分をバランスよく取り込み、
食べ物を美味しく味わうことが心身ともに健康につながります。
天然歯のような咬み合わせは、インプラントでしか回復できません。入歯やブリッジでは咬む力が不足します。
咬める事は若返り(アンチエイジング)と密接にかかわっています。インプラントのメリットの一つがアンチエイジング効果と言ってよいでしょう。

インプラントのデメリット

インプラントは多くのメリットがありますが、勿論デメリットもあります。どんな治療においても必ずデメリットはあります。
そこで不安に思ってしまうこともあるかと思いますが治療についてよく知り、そのデメリットを納得して受けて頂くことが重要です。
そのためにもメリット、デメリットについてよくご理解下さい。

インプラントのデメリット

インプラント治療ではフィクスチャーを骨に埋め込む時に手術が必要になります。
それほど大きな手術ではありませんが、入れ歯やブリッジ等の他の治療法では手術が必要ないことを考えるとデメリットになると言えるでしょう。
更にインプラントを安定させるには、インプラントを埋め込む所にそれなりの骨の量が必要になります。
治療期間が長い事もデメリットのひとつです。
治療の過程では、埋め込んだフィクスチャーが骨と結合するのに3カ月~6ヵ月程の期間が必要になります。
その後、結合が完全にされている事を確認してから支台部、そして人工の歯冠を装着していきますので、約4カ月~8カ月の治療期間が必要となります。 インプラントを長期保持するためにも治療後のメインテナンスが重要で、それが困難な方はインプラント治療は避けた方が良いでしょう。

特集一覧

憧れの治療が低価格で行える モニター募集中 きっと満足できるドクターに会えます。

INFORMATION

  • あなたにピッタリな治療メニューを紹介します。
  • やってよかった!インプラント徹底解説!
  • 安心安全を求めるならノーベルバイオケア
モニター募集 横浜院へのお問い合わせ 狭山院へのお問い合わせ トップへ戻る